『やりたいことは、今すぐにやれ』

Saturday, February 9, 2013

iphone5に思うこと。


これまで使っていたiphine4を人に譲り、iphone5に買い替えた。

台湾の携帯電話屋さんに行くと、日本メーカーもなかなか健闘しているではないか、と思う。
日本人なので日本メーカーを買いたいところだが、仕様が変わると面倒なので、やはりiphone5にする。

日本語が堪能な若い女性が親切に対応してくれた。

台湾や香港のiphoneは、SIMロックフリーで、世界で使えるので(日本のは、SIMロックがかかっていて、その携帯会社でしか使えないとか。よくわからないけど)、日本からも買いに来るらしい。

「このキラキラしたシート(画面に貼るシート)は、日本には、ないですよ~」

と、日本人対応のセールストークをしていた。

トークがあまりにも、うまいので、思わず、ipad miniまで買ってしまいそうになったほどだ。
これも、世界対応。
いままでのipadより、ずっと軽くて持ちやすい。
「これで本が読めたらいいな~」
なんて夢が膨らんだが、これ以上、モバイルにかける時間を多くしてはいけないと思い直した。
電子出版も多くなっているので、そのうち移行するかもしれないが。

次に、これまで使っていたiphone4のSIMをiphone5に対応させるため、
中古の携帯電話やさんにもっていく。
ホッチキスのようなもので、SIMをガッチャンとカットして、iphone5 にセットしたら完了。
これまで同様に使えるようになる。

iphone5は画面がクリアなのと、おしゃべりで対応してくれるのにびっくり。
私が遅れてるのかしら。これって常識?

「メールが送りたい」
とマイクに向かって言うと・・・

(メールの画面になり・・・)
「だれに送信しますか?」(女性の声で・・・)

「まゆみさん」

(宛先:私のメールアドレス)
「件名はなににしますか?」

「はろー」

(件名:ハロー)
「わかりました。本文はどんな内容にしますか」

「あーーー」

(本文:あぁん)

ちょっとちがうけど、色っぽくていいかも。
そして、メールをしっかり送信してくれる。
この音声認識機能はすごい。

たまに、適当なことを言うと、

「私には○○の意味がわかりません。
 よろしければ、○○をインターネットでお調べしますよ」

と返ってくる。
ものすごく親切で、礼儀正しい。
なにより、仕事熱心だ。

意地悪なことを言ってみた。

「もうiphoneは使いたくありません」

「そうですか。では、そうしましょう」(女性の声で淡々と・・・)

「え? ごめんなさい。嘘でした」

「大丈夫ですよ」(明るく聞こえた)

iphoneに向かって、あわてている私。
なんだかな~。
ともかく、仲良くしようではありませんか。

(写真:家の前のグランドをiphone5で撮り、加工してみました)